抜いても抜いても生えてくるムダ毛にお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、カミソリや毛抜きを使ってのセルフケアを続けていると、脱毛部位に雑菌が入りこみ炎症を引き起こし荒れてごわごわになってしまったり、色素沈着が起こり黒ずみになったり、毛穴が開いて閉じなくなるなどの肌トラブルが起こるケースもあります。
本気で脱毛を考えるなら、専門家にお任せするのが安心ですが、脱毛には様々な方法があります。一番効果が高いと言われるのが1980年代に主流で行われていた針脱毛と言われる方法ですが、メリットとデメリットの両方がありますので、施術を受ける前に具体的な施術方法や特徴を理解しておくと良いですね。
針脱毛は、毛穴に直接ニードルと呼ばれる医療用の細い針を差し込んで、そこに微電流を流し毛の生産工場と言われる毛母細胞を確実に破壊する方法で、一度施術をすれば二度とムダ毛が生えてくる心配はありません。一本一本目視しながら行うので毛質などに左右されず、効果が非常に高いうえに脱毛残しをするリスクが極めて少なくなります。医療機関やサロンで行うレーザーや光脱毛となると、産毛のような色素の薄い毛や白髪、日焼けをした肌の方、肌の色の黒い人だと脱毛をするのが難しくなるのですが、針脱毛なら一本一本人の手で毛穴に針を入れて処理するので、確実にムダ毛を処理するのが可能です。
非常に脱毛効果が高い針脱毛ですが、毛穴に針を差し込み電流を流すのでかなりの痛みがあります。施術を行う人の技術力にも左右され、下手な脱毛士の施術のせいで内出血を起こしたり、肌が炎症を起こすケースもあるので注意が必要です。
痛みのほかに挙げられるデメリットは、時間がかかると言うことです。広範囲を一度に施術できるレーザーとは異なり、一本一本施術をするので非常に時間がかかってしまうのです。時間がかかると比例して費用もかさんでしまうので、どうしても高額になってしまうのです。全身を針脱毛するとなると費用が大変ですので、レーザー脱毛で処理できずに残ってしまったムダ毛のみ針で処理する方も多いのです。
即効性のある脱毛法ですが、施術の痕が残るというリスクがあります。個人差はありますが、施術した部位に赤い点々が残るというケースがありますので、雑菌が入り炎症を起こさないよう充分に注意を払う必要があります。
とにかく効果が抜群で煩わしいムダ毛の自己処理から解放されますので、メリットとデメリットを十分比較検討して針脱毛を行って下さいね。